株主優待は株式投資を行う上での楽しみ一つです。株式投資を楽しむ人は株価の変動に伴う、値上がり益以外に、配当や株主優待も楽しむ事ができます。最近は、アベノミクスの景気浮揚効果で株高・円安が急速に伸展しています。株主優待の権利を得るには権利付最終日までに買い付けを行い、その当日の大引けまで保有している事で権利が発生します。株主優待はその会社によって、様々なサービスが用意されています。その会社の商品やサービスをお得に購入できたり、貰えるのが魅力です。大きな利益を目指す投資を行わず、株主優待に特化した投資を行う手法で投資を楽しむ方も大勢いらしゃいます。投資を始めたばかりの方は、どの会社にどのような株主優待があるのかご存知でない方も非常に多いです。
口座を解説した証券会社では株主優待のパンフレットや、インターネット上のホームページに一覧を掲載しています。これらを参照しながら、自分で買いたい銘柄をピックアップします。優待利回りという投資指標も存在しており、株主優待の金額÷投資金額×100という計算式で算出されます。この数値が高ければ高い程、利回りが高い事を意味しています。時価により価格が変動する商品も当然あります。ある特定の会社の商品にこだわりがあるのでなければ、このような銘柄を中心に投資を行うのもおもしろいかも知れません。優待は、権利日前後で株価が大きく変動しますので、注意が必要です。高値で購入して、売却時に安値で売ってしまっては、折角の優待も台無しです。芙蓉総合リースという会社は主にファイナンスリースを行っている会社です。芙蓉総合リースの優待は100株以上の株式を2年以上保有されている方は、5000円相当のカタログギフトか図書カード、2年未満の方は3000円未満の図書カードかカタログギフトがもらえます。芙蓉総合リースは高い利回りで人気の銘柄です。

▼NISAについてわかりやすく解説しているサイト
NISAは最近普及してきた
▼優良投資顧問を探しているならココ
人気の投資顧問ベスト3
▼人気の株主優待
株主優待の利回り
▼ここを見て株で失敗しないようにしよう
株で成功するための覚え書き