投資をするときには投資をしようとしている企業の将来のことを予想して、投資をする必要があります。
株価というのは企業の業績や将来性によって決まるわけですから、業績が良くても将来性の見えない企業は株価が伸び悩んでしまいますし、将来性があっても業績がいつまでも伸び悩んでいればやはり株価はついてこなくなってしまうものです。

その点、新日本科学はリクルート今後予想はしやすいもので規模の大きな企業だけに、業績が大きく伸びたり逆の大きく低迷したりということが少ないだけに株価の上下も小さなものとなります。
しかし、上に行くにしても下に行くにしても大きく動かないという予想を立てることはできても実際にどちらに行くかを当てるのは難しい物で、値動きがゆるやかな分だけ値下がりをしてしまった場合損切りをするにできずに、いつの間にか大きな含み損を抱えて身動きがとれなくなってしまうということも少なくありません。
そのため、このような点でこれらの銘柄は予想が難しいということになりますが、そのような時には株主優待ランキングで人気になるような銘柄を中心にして投資をしてみるとよいでしょう。

株主優待のランキングで上位になるような企業というのは、まず優待に魅力があることに加えて注目度が高いので、株価も上昇しやすいという傾向にあります。
いくら株主優待が魅力的でも企業としての価値がなく、いつ潰れてもおかしくないような企業は人気になりづらいわけですから、人気があるというだけでも投資対象として魅力的なものです。
それに加えて最近は株主優待の人気も急上昇中であるため、何かの理由によって株価が下落しても優待狙いの買いが入り株価が下支えされやすく下値リスクも限定的という利点があります。